教員紹介:村上興匡

1.【宗教学を専攻した背景】
2.【専門分野の設定へ】
3.【現在の大学院生について】
4.【今後の研究は】


1.【宗教学を専攻した背景】

聞き手:村上先生が宗教学を志された背景を教えていただけますでしょうか。

村上:もともと大学に入るまでは理系志望でずっと生命科学をやりたくて、大学も理系に入りました。だけど、お寺の生まれということもあり、将来はお寺を継がなければならなかった。

ただ、お寺が小さいということもあり、うちの父は教員をやりながらお寺をやっていました。僕も、教員をやりながらお寺の仕事をするんだろうなと思っていました。そこで、大学の先生になろうと思い、どうせ大学教員をやるならお寺の生活に役に立つような研究をしたいと思い宗教学に進みました。



聞き手:先生が育った環境とご自身の研究が密接にリンクしながら将来像を描いていたということですか?

村上:将来像まではいかないけど、どうせ農家をやるんだったら農学部に行こうかということと同じ感じで宗教学に進みましたね。



聞き手:大学教員であることと、お父様のように小中高の学校教員であることはやや異なる面があるように思います。つまり、大学教員は教育も重要ですが、同様に研究もしなければならないと思います。研究生活についてどのようにお考えでしょうか。

村上:先ほど生命科学に進みたかったと言いましたが、理系だと比較的研究者になるということは珍しくありませんでした。今と違って僕らの頃は景気が良くて、普通の人は就職していましたし、ある一定の成績を取っていれば大学に残るということが普通でした。

実際、僕の同級生も5,6人大学に残って先生をやっています。ただ、理系から文系に行ってみて感じたのは、文系は先生になることは難しいなということでした。

東京大学の宗教学研究室では、入る時に通過儀礼みたいのがあって、かならず大学院を受けるときに「大学院に来ても食えないぞ」と言われました。ここで引き合いに出される話が、岸本英夫先生が「鰹節にかじりついてもやります」と言ったら「なぜ石にかじりついてでもと言わん、鰹節なんて食えるわけがないだろう」と返されたとかそうでないとかというものです。

経済面については、僕は逆にお寺をやらなければならないということもあったので、大丈夫でした。お寺が群馬の高崎ということで、奨学金はもらっていたんだけど、その他に土日と夏休みなんかは、高崎に帰ってお寺の手伝いをしていました。そうするってぇと、比較的後ろめたい気持ちにならず親から援助をいただいてました。