教員紹介:弓山達也

1.【宗教的背景について】
2.【宗教研究を始めたきっかけ】
3.【近年の研究および活動について】


1963年、奈良市生まれ。1986年、法政大学文学部哲学科卒業。2001年、大正大学大学院文学研究科宗教学専攻博士課程満期退学。日本学術振興会特別研究員などを経て、1998年、大正大学の任期制専任講師。2000年に博士(文学)を取得。2006年より現職。専門は宗教社会学。現代世界の宗教性/霊性を研究。主な著作・共編著として『いのち 教育 スピリチュアリティ』『現代における宗教者の育成』『天啓のゆくえ』『スピリチュアリティの社会学』『癒しを生きた人々』『癒しと和解』『祈る ふれあう 感じる』など。財団法人やNPOなどの活動を通して、研究者・学生、宗教者、市民をつなぐネットワークを模索している。



1.【宗教的背景について】<
聞き手:奈良市生まれということですが、、何か宗教に関連する家柄だったのでしょうか。

弓山達也(以下、弓山):よく言われますが、そうではありません。本籍は結婚するまで愛媛県の新居浜で、たまたま父の転勤で奈良在住の折に僕が誕生したのです。3歳で東京に出てきて、赤羽やや王子といった京浜東北線沿線を転々としましたね。


聞き手:では宗教に関係ない?

弓山:という訳でもなく、住んでいた所々で、近所に新宗教の信仰者の方がおられて、小学校の時から、誘われて、いろいろと道場や教会に行っていました。また博士論文を元に執筆した『天啓のゆくえ』の基本的な調査も、井上順孝先生などと『新宗教事典』(弘文堂)の調査をご一緒させていただいた時が起点となっているのですが、偶然、先ほどの京浜東北線沿線に、調査対象となった教団が点在していましたね。そして王子に住んでいた時は歩いていける距離に大正大学もありましたし、やはりご縁があったんでしょうね。