『宗教学年報』総目次
         
         
【28号】(2013年)
<論文>        
魚尾 和瑛   台風災害における地域共同体の宗教的対応―子ども達の宗教的対応の社会化について―    
小川 有閑   明治憲法制定に至る国体論―国家神道成立過程の一断面―    
君島 彩子   憑依のセルフポートレート―森村泰昌による『信貴山縁起絵巻』の改作―    
横山 福寿   現代における坂東観音巡礼の一考察    
<研究ノート>        
弓山 達也   日本語教師とつくる「死生観の探求」授業―エトヴェシュ・ロラーンド大学日本学科での7ヶ月―    
眄ァ仝恩   アメリカの宗教動向とソーシャルプログラム―ペンシルベニア州フィラデルフィア市を事例として―    
齋藤 知明・弓山 達也   宗教文化教育の応用と実践―市民と協働してつくるいのちの教育―    
<書評と紹介>        
江島 尚俊   芦名定道・星川啓慈編『脳科学は宗教を解明できるか?』    
齋藤 知明   藤原聖子著『教科書の中の宗教―この奇妙な実態―』    
<彙報>        
  研究室のあゆみ    
  ブログ記事    
  修士論文紹介・開講科目一覧    
【27号】(2012年)
<特別寄稿>        
星野 英紀   昭和後期の宗教学研究室    
<インタビュー>        
藤井 正雄   大正大学宗教学の思い出    
田丸 徳善   大正大学宗教学を振り返って    
<論文>        
小林 惇道   現代における慰霊・追悼の展開    
林 拓弥   宗教者による自殺予防の可能性    
<研究ノート>   〈中間報告・東日本大震災と宗教―福島県いわき市の事例から―〉    
星野 壮   宗教者の活動の概況について―いわき市の場合―    
齋藤 知明   一宗教者の支援活動と宗教者意識―福島県いわき市冷泉寺の場合―    
小川 有閑   寺院間ネットワークと地域社会のつながり―浄土宗浜通り組青年会の活動から―    
藤井 麻央   新宗教教団の震災対応と組織比較―天理教と創価学会を事例として―    
<書評>        
藤井 麻央   中牧弘允、ウェンディ・スミス編『グローバル化するアジア系宗教―経営とマーケティング』    
古山 美佳   林貴啓著『問いとしてのスピリチュアリティ―「宗教なき時代」に生死を語る―』    
星野 壮   李元範・櫻井義秀編著『越境する日韓宗教文化―韓国の日系新宗教 日本の韓流キリスト教―』    
本城 由季   櫻井治男著『地域神社の宗教学』    
<彙報>        
  研究室のあゆみ    
  ブログ記事    
  修士論文紹介・開講科目一覧    
執筆者紹介        
会則・役員        
編集後記        
         
         
【26号】(2011年)
山ノ井大治教授 鷲見定信教授 追悼号    
<追悼> 山ノ井大治教授、鷲見定信教授との思い出  星野英紀    
<論文>        
秋山 志保   葬送に関連する事業の展開と墓の変化    
眄ァ仝恩   明治後期の仏教者の社会活動意識―雑誌『救済』を手がかりに―    
星野  壮   在日ブラジル人カトリック信徒の共同体について―豊橋市の事例より―    
横井 大覚   ソーシャル・キャピタル論を適用した宗教研究の理論的考察    
<研究ノート>        
渋谷 隼己   多文化都市大久保の形成―宗教団体の予備調査から―    
<資料>        
  大正大学宗教学研究室の略年表(1927〜98)    
<彙報>        
  研究室のあゆみ    
  卒業論文・修士論文紹介    
  開講科目一覧    
         
         
【25号】(2005年)
藤井正雄教授退任記念号    
藤井正雄名誉教授 略歴・業績目録     
<論文>        
星野 英紀   大都会の新四国霊場--御府内八十八ヶ所霊場の実態     
澤井 義次   宗教概念としての「絶対他者」とその地平--ルードルフ・オットーの宗教理論再考     
岡田 正彦   「ブッダ」の誕生--「近代」の歴史記述と「仏教」     
藤原 聖子   高等教育における宗教学の実態調査     
村上 徳和   リハビリテーションにおけるSpiritual Well-Beingについて     
鷲見定信、武田道生、名和清隆 [他]   沖縄における死者慣行の変容と「本土化」--浄土宗寺院編(平成16年度文部科学省科学研究費補助金基盤研究(C)(2))      
藤田 庄市   予兆--1980年代後半宗教事件・考     
<書評と紹介>        
江島 尚俊   末木文美士著『明治思想家論--近代日本の思想・再考1』     
大澤 広嗣   一般向け仏教書の刊行をめぐるこの十年と現代社会     
星川 啓慈   ウィトゲンシュタインの「神」--鬼界彰夫著『ウィトゲンシュタインはこう考えた』を読む     
         
         
【24号】(1994年)
藤井 正雄   お別れのことば (追悼 竹中信常先生 小野泰博先生)     
<特集>現代日本の「供養儀礼」の実態的研究    
<論文>        
藤井 正雄   日本人の先祖供養観の展開     
鷲見 定信   民俗信仰の再生と供養儀礼     
山ノ井 大治   信州善光寺絵馬信仰にみられる「供養」から「祈願」     
星野 英紀   新宗教における供養儀礼と墓地     
弓山 達也   弁天宗における救済論の展開 : 特に水子供養に関連させて     
武田 道生   現代日本の家族とペット供養 : 使役動物観と動物供養の変遷     
         
         
【23号】(1987年)
藤井 正雄   お別れのことば (追悼 加藤章一教授)     
追悼 加藤章一教授    
加藤章一教授略歴・論文目録      
<論文>        
山ノ井 大治   消えたトオセンボウ : 仏寺年中行事の消長     
加藤 栄司   破夏考     
加藤 和子   蓮華往生考     
         
         
【22号】(1979年)
特集 日本宗教学の諸問題    
<論文>        
千葉 芳吉   宗教的シンボリズムについて     
沢井 義則   神秘主義について     
七沢 賢治   シャーマニズムについて     
成瀬 良徳   トーテミズム     
河野 潤   祖先崇拝研究の方向     
岡本 修   マナについて     
竹中 信常   タブー論の諸相     
<資料と新刊紹介>    
藤井 正雄   G.ファン・デル・レーウ/田丸徳善・大竹みよ子訳『宗教現象学入門』     
星野 英紀   竹中信常著『タブーの研究』     
鷲見 定信   鈴木範久著『明治宗教思潮の研究 : 宗教学事始』     
成瀬 良徳   斉藤昭俊著『インドの祭り考』     
河野 潤   藤井正雄著『仏教儀礼辞典』     
         
         
【21号】(1976年)
<論文>        
山ノ井 大治   仏教寺院の世俗化をめぐって : 信州善光寺のばあい     
星野 英紀   宗教者のセルフ・イメージ : 青年空海のばあい     
<特集> 日本の宗教学者     
竹中 信常   日本宗教学の人々    
広沢 隆之   姉崎正治    
七沢 賢治   加藤玄智    
成瀬 良則   矢吹慶輝    
岡本 修   石橋智信    
七沢 賢治   赤松智城    
松本 益寿   岸本英夫    
<資料と新刊紹介>    
藤井 正雄   葬祭に関する最近の一般書三点について     
         
         
【20号】(1975年)
<論文>        
竹中 信常   死とその周辺 : ニュー・ギニア民族の習俗と儀礼     
斎藤 昭俊   聖徳太子の教育     
星野 英紀   四国遍路と十ヶ所詣     
後藤 洋文   S教団盛岡道場素描 : 入信の周辺を中心に     
<研究ノート>    
鷲見 定信   今昔物語附本朝仏法部の夢について     
<資料と新刊紹介>    
中島 寛   ストレング著/服部正隠訳『宗教学入門』     
沢井 義則   エリアーデ著/堀一郎訳『シャーマニズム     
         
         
【19号】(1972年)
   
<論文>    
竹中 信常   仏教の儀礼的展開     
斎藤 昭俊   シーク教の信仰と教団     
<書評と新刊紹介>    
星野 英紀   前田卓著「巡礼の社会学的研究」     
後藤 洋文   V. ターナー著「The Ritual Process」     
         
         
【18号】(1968年)
加藤章一、中村康隆、櫛田良洪[他]   <昭和42年度総合研究成果梗概>『神仏分離以後における神仏関係の実態調査ならびに研究』     
山ノ井 大治   宗教的リーダーシップの構造     
<資料と新刊紹介>    
山ノ井 大治   エリアーデ著/堀一郎訳『大地・農耕・女性』     
         
         
【17号】(1967年)
<論文>    
竹中 信常 宗教の習俗化とその変容     
藤井 正雄 一都市寺院の構造変化     
芹川 博通 ブッダ時代[III ]    
加藤章一、中村康隆、櫛田良洪[他] <昭和41年度総合研究成果梗概>『神仏分離以後における神仏関係の実態調査ならびに研究』     
<資料と新刊紹介>    
斎藤 昭俊   真野正順著『日本人の信仰と生活』     
畑守 義雄   竹中信常著『日本人と仏教』     
         
         
【16号】(1966年)
   
<論文>    
竹中 信常 現代日本人の禁忌観念     
斎藤 昭俊  ヒンドゥ僧の類型    
芹川 博通 ブッダ時代[II]     
増谷 文雄 矢吹慶輝博士の「三階教の研究」について : 矢吹慶輝博士顕彰講演会・報告     
吉田 久一 矢吹慶輝と社会事業 : 矢吹慶輝博士顕彰講演会・報告     
比屋根 安定 米国諸宗教見聞記     
<資料と新刊紹介>    
斎藤 昭俊   岸本英夫編『世界の宗教」』     
藤井 正雄   エヴァンス=プリチャード"Theories of Primitive Religion""     
芹川 博通   増谷文雄著『仏教概論』     
畑守 義雄   竹中信常他共著『変貌する創価学会』     
         
         
【15号】(1965年)
<論文>    
加藤 章一 神仏分離後の神仏関係について    
竹中 信常 宗教的危機についての断想     
芹川 博通 ブッダ時代[I]     
竹中信常、吉田久一、中村康隆[他] 昭和38年度総合研究成果概観     
<資料と新刊紹介>    
佐竹 真人 増谷文雄著『歎異抄』     
藤井 正雄 マレット著・竹中信常訳『宗教と呪術』     
芹川 博通 増谷文雄著『東洋思想の形成』     
斎藤 昭俊 真野正順著『仏教における宗観念の成立』     
星野 英紀 オルブライト著・和井田学訳『旧約聖書の時代』     
         
         
【14号】(1964年)
<論文>    
竹中 信常 宗教学発展の一時点 : マレットとカルステン     
百田 師恵 観音霊場と山岳信仰について     
斎藤 昭俊 マハバリプラムの寺院とカジュラホの寺院     
藤井 正雄 機能的アプローチにおける歴史の地位 : マリノフスキーからエヴァンス・プリチャードへの問題意識の展開     
竹中信常、吉田久一、中村康隆[他] 昭和37年度総合研究成果梗概     
<資料と新刊紹介>    
芹川 博通   E.K.Nottingham ,Religion and Society,1954     
山ノ井 大治   マリノフスキー著・藤井正雄訳『文化変化の動態』     
         
         
【13号】(1960年)
<論文>    
竹中 信常 宗教的指導者の心理特質     
黒川 弘賢 上州一山村における神葬祭化の要因     
佐藤 行信 神奈川県下における神葬祭化の実態     
百田 師恵 埼玉県下における神葬祭化の過程と現状     
藤井 正雄 千葉県下における神葬祭化の過程と現状     
         
         
【12号】(1960年)
<論文>    
中村 康隆 化成院始末記     
藤井 正雄 マリノフスキーの文化概念     
嶽内 真弘 オツトーにおける神秘主義の研究     
<資料と新刊紹介>    
佐藤 行信   古野清人著『隠れキリシタン』     
         
         
【11号】(1959年)
<論文>    
増谷 文雄 世界の始源に関する三つの神話について     
竹中 信常 比較宗教の型     
松濤 弘道 英文仏教書の道しるべ     
見田 政尚 アウグスチヌスにおける悪     
黒川 弘賢 葬儀に関する二三の問題     
鳥居 迪也 戦後における寺院経営形態の変遷     
町山 ひさ 死後の存在     
<書評>    
藤井 正雄   マリノフスキー著/姫岡・上子訳『文化の科学的理論』     
         
         
【10号】(1958年)
<論文>    
竹中 信常 仏教心理学試論     
斎藤 昭俊 現代ヒンドューイズムの端緒     
佐藤 行信 浄土宗寺院に於ける朱印地成立の一例     
乗松 憲彰 マホメットの研究     
         
         
【9号】(1957年)
<論文>    
中村 康隆 宗教的指導者に於ける現世肯定と超克     
斎藤 昭俊 ヒンドュー教への私見     
佐藤 行信 北山本門寺領について     
藤井 正雄 ヴントの宗教心理学に於ける現代的意義     
         
         
【8号】(1955年)
<論文>    
加藤 章一 行儀と教理     
鈴木 智覚 宗教的非合理性の認識論的論講     
百田 師恵 観音霊場を中心とした秩父地方の仏教信仰に就いて     
         
         
【7号】(1954年)
<論文>    
中村 康隆 來世觀の形成と展開     
竹中 信常 火の宗教性     
佐藤 正順 北上川流域地方の盲巫女     
百田 師惠 農村の觀音信仰 : 埼玉縣児玉郡を中心として     
松濤 弘道 日本人の宗教慣習の一考察     
飯島 辧空 高皇産霊神と天照大神 : 問題の提示     
         
         
【6号】(1953年)
<論文>    
神林 隆淨 キリスト教の神に対する疑点     
竹中 信常 宗教心理学の現代的動向     
川上 大三郎 戰後神道とシンクレチズム     
齊藤 昭俊 宗教文化の問題     
         
         
【5号】(1952年)
<論文>    
竹中 信常 火神考     
斉藤 昭俊 クレメント・ウエッブについて     
       
       
【4号】(1951年)
<論文>    
竹中 信常 キリスト教心理学 : その傾向と内容     
吉田 宣成 生と假説 : 宗教以前の一課題として     
斉藤 昭俊 ホワイトヘッドの進化性的宗教     
中村 康隆 宗教的現世観の諸類型     
         
         
【2・3号】(1937年)
<論文>    
眞野 正順 正像末思想に就いて     
大島泰信、金孝敬 風水信仰の孝道に及ぼせる影響     
戸川 靈俊 印度民俗信仰の一片影 : 特にトーテム的なるもの     
市川 修誠 彌勒思想に就いて     
田中 恒信 有餘無餘二涅槃のUpadiの意味に就いて     
竹中 信常 見佛雜考     
卒業論文紹介(自第五回五年度至第七回七年度)     
         
         
【1号】(1933年)
<論文>    
矢吹 慶輝 燉煌出土本楞伽師資記に就きて     
眞野 正順 宗教學轉向の方向     
加藤 章一 宗派發生考     
中村 康隆 宗教に於ける醉はす要素に就て     
卒論紹介(自昭和三年度至昭和六年度))