面倒だけど朝と昼ごはんは気を使おう!慣れればそれが普通になるから

朝食と昼食に気を配っています。
まず、朝ごはんは必ず食べます。朝を抜くとどうしても昼ごはんまでにお腹が空いてしまい、ついつい何かをつまんでしまいますので、それを防ぐためです。
また、朝一番に取り入れた食べ物が一番吸収されやすいとのことなので、朝食の前に生のトマトやキャベツを口にします。
朝ごはんの献立は決まってご飯一膳に納豆と生卵をかけて食べます。
納豆は美容にいい大豆イソフラボンを始め、美容と健康のために摂取したい栄養素を豊富に含んでいます。
生卵は完全栄養食品なので、納豆に足りない栄養素を補ってくれます。
腹持ちもいいので小腹がすくこともありません。

お昼ご飯は買い食いをしないことに決めています。
どうしても塩分や油分が多くなってしまうので、手作りのお弁当を持参します。
この弁当の中身も、野菜を中心にします。美容にはお肉も欠かせないので、お肉も入れるようにしています。
その際気をつけているのは、お肉と野菜をいっしょに炒めないことです。
野菜を中心にといっても、油物が多くてはカロリー面が気になるので、肉単品で炒めます。野菜は茹でたりサラダにしたりして、ノンオイルになるよう心がけています。
昼ごはんも、いきなり肉やご飯から食べず、野菜から取ることにしています。
朝食と昼食に気を使うだけで、けっこう体調は良くなります。

ひっそりと個室トイレでのストレッチ。チリも積もれば理論。

個室トイレの中でのストレッチをしています。
個室トイレの中では怪しい動きをしていても誰にも迷惑がかかりませんし、思いっきり出来ます。
仕事の最中ということもあり、息抜きやリラックスの意味でももってこいだと考えています。

実際に私が行っていることは、横幅があったら又割をします。
背中に手をまわし逆お釈迦様のポーズをとって腰を回したりします。
また、首をゆっくりと傾け、これまたゆっくりと回します。
更に、できるようであれば、肩甲骨を回す運動もオススメです。
大体数分でできますが、これが丁度良いストレッチにもなりますし、息抜きにもなり毎日継続しやすいストレッチ運動になります。

上記で上げたようなことを、オフィスでトイレに行く度に行っていると、次第にボディラインに変化が見られます。
年齢を重ねても、重力に負けない体つきを維持するためにはムリなく、継続出来て、時間を取らない、エコな運動が最適だと思います。
そのほかにも通勤中にお尻の筋トレをしたりしています。
これは、電車を待っているとき、満員電車に乗車しているときにしていることで、周りの人にわかりにくいから行っています。
今まであげてきたものは、全て「ながら運動」です。そのため、ずっと続けられているわけです。